スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

断れない

06082302

おやつに飴を食べる。
そういえば先日、かばんの中から飴を取り出して母に「飴食べませんか」と尋ねたところ、母はこっちを見もせずに「ふん、飴なんか」というかんじで「いらないよ」と言ったのだった。しかし妻が「でも、『さくらんぼの詩』よ?」と言うと母は振り返って妻の持っていた「さくらんぼの詩」を見た瞬間に「ちょうだい」と言って手を出した。
「さくらんぼの詩」にはそういうなんとなく求めてしまう不思議な力があるのだ。


2006年08月24日 | Comments(9) | 日記
コメント
はじめまして。
さくらんぼの詩、見たとたん「まだ売ってる!」とうれしくなりました。
子供の頃、母に飴を買ってもらうのは、
これかサクマのいちごみるくで。と決めていたからです。
瞬時にあのCMソング(「さくらんぼ」と「さくらんぼの詩」
しか歌詞が無い)が頭の中でぐるぐるしました。
いつも読むだけだったのですが、思わずコメントしてしまいました。
ユキさんのなんともいえない心地よい文章が好きです。
これからも楽しみにしています。
mon URL 2006年08月24日 12:47:14 編集
(* ̄0 ̄*)ノおぉ!懐かしい~♪
子供の頃…いや、結構オトナだったかも(^-^;
まとめ買いしてました(^-^)vブィ!
久しぶりに食べたいなぁ~♪
どこで売っているのですか?
…と言っても、ウチ岩手だから無理か(ー_ー;)
カボ URL 2006年08月24日 13:48:35 編集
こんにちは。
「さくらんぼの詩」ワタシも大好きです。
買えば一袋、もちろん一気食いです。
昔はもっと姉妹品っていうかなんというか
「クリームソーダのなんとか」などなかったですか?
これは類似品ですか?
しかしこれって「果汁入り」なんですね。
さくらんぼの果汁の採取はなかなか大変そう。
hilife URL 2006年08月24日 15:08:39 編集
こんにちは!
なつかしい!!そういえばいつも飴を持ち歩いていたのに、なぜか最近食べてないなぁ~。
「さくらんぼの詩」って昔、これがさくらんぼの味??
って思いながら好きでした(^^;
不思議な味ですよね?
また食べたくなったので、明日買いに行きます!!
紗帆 URL 2006年08月24日 16:50:44 編集
ユキさん、こんばんは。
懐かしい飴ですね。
遠足のおやつに「さくらんぼの詩」と「野いちごの小道」を
友達と1袋ずつ買って、かわりばんこに出し合って食べていましたねえ。
断れない力を持つおやつ。
私にとってはパラソルチョコレートかな・・・。
ももじ URL 2006年08月24日 20:07:24 編集
あぁ!懐かしい~~。とっても。
写真を見た瞬間思いましたよ。
私だってこれを差し出されたら絶対に断れない。あぁ、食べたい。とっても。
最近見ません。津軽海峡は渡ってこないのかしら・・。
探してみようかなぁ。
Q子 URL 2006年08月24日 23:42:24 編集
ユキさんこんばんは♪
懐かしすぎるぅ~( ノ ̄^ ̄)シ
学校から配られるおやつの中に
なぜか必ず入っていました。
今週、彼氏のユキからスウィーツ禁止令が出されたのですが
…これは、スウィーツぢゃないですよね(^^;
MICA URL 2006年08月24日 23:49:44 編集
はじめまして。
おっきと申します。
知り合いにこのブログを紹介してもらって以来
楽しみにしております。
さくらんぼの詩!
なつかしいです~。
幼少の頃を、走馬灯のように思い出しました。
そして、おもわずコメントしてしまいました。
さわやかで、懐かしい写真、
ありがとうございます。
おっき URL 2006年08月25日 01:09:01 編集
・monさん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
「さくらんぼの詩」、あまり見かけませんが遭遇すれば100パーセント買ってしまいます。不思議。
サクマのいちごみるくも捨てがたいですね。あのさくさくした感じがたまらないです。ああ。食べたいな。子どもの頃に食べた定番のお菓子にはめっぽう弱いです。
それではこれからも末永くよろしくお願いいたします。
・カボさん
買わずにおれないお菓子というのは見つけた時すごく嬉しいですよね。「さくらんぼの詩」は、駄菓子屋さんにわりと置いているようです。スーパーの駄菓子コーナーとか。サイコロキャラメルの横とか。もろこし輪太郎の手前とか。そんなところ。
・hilifeさん
ええ!一気食い!それはすごいなあ。わたしはちみちみと食べてしまって最後のほう湿気て中の飴がくっつきもっつきです。
「クリームソーダ」売っていましたよ。「野いちごの小道」も。年代的に「さくらんぼの詩」が一番馴染みが深いので脇目もふらずに「さくらんぼの詩」を握っていました。
・紗帆さん
いつも飴を持ち歩いているひとから貰う1個の飴が、そういえばものすごく好きでした。
「さくらんぼ味」というのが良いですよね。チェリー味というよりもなんというかこう、ささやかなぼやけた感じがして。
・ももじさん
わあ。賢い小学生だなあ。そんな飴交換素敵です。
あとパラソルチョコレートにはわたしも賛成です。あれは絶対に食べたい。フルタセコイヤチョコレートよりも食べたい。
・Q子さん
最近見ないのはきっと我々が最近見ていない場所にあるのです。駄菓子コーナーです。サイコロキャラメルの横です。チョコベビーの斜め上です。
・MICAさん
とんでもない。「さくらんぼの詩」はスイーツですよ!
懐かしいお菓子ってどうして嬉しいんでしょうね。めがねチョコとか。コーララムネとか。なんかへんな餅とか。
・おっきさん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。そして紹介してくださったお知り合いの方にもありがとうと。
「さくらんぼの詩」、大人気です。ずっとあのパッケージでやっててもらいたいなあ。チェルシーも袋なんかじゃなくて箱で。味はバタースカッチで。ああ。懐かしい。
それではこれからも「おでん」をよろしくお願いいたします。
ユキ URL 2006年08月29日 02:53:36 編集

管理者だけに表示する
«« 起きない | HOME | 寝られない »»

ツイッター

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

メールフォーム

検索フォーム

-AD-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。