スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

目指さない

06061301

今までお裁縫や銀粘土やビーズ細工やろうそく作りやなんやらに片っ端から手をつけて見事に散っていった妻が、また妙なものに手を出す。はんこ。
何度でも同じものが押せたら愉快だなと、絵心が無い妻は思ってしまったのだった。調べてみると世の中の素敵っぽい奥さまたちの間では「消しゴムはんこ」(アマゾンに飛びます)が流行しているそうだった。
本でくまなく勉強したのち、なにを思ったか妻は「こっちは硬派にゴム板だ!」と意気込んでゴムで出来た版画板を購入。「おでん」の絵を書いてばりばりばりと彫ったのだった。
しかし版画版は意外と硬く、ゆごゆごに歪めた「おでん」をなんとか製作してため息。前言を撤回していそいそと名前を消しゴムで彫った(ユ)。
とりあえずメモ帖に押してみたものの、やっぱりはんこでも絵心は必要なのだった。だいたい「おでん」だったら描けるので、はんこにする必要はとくに無い。そしてこれを押す場所も別に無いのです。
でもせっかくなので仕事から帰ってきた夫に披露。夫は見た瞬間「オホホ」と笑った。
不器用だとわかっていながら妻はどうしてこの手のものをやりたがるのかしらねと言うと夫は「それでも実行するだけえらいよ」と慰めてくれ、「棟方志功を目指してがんばれ」と言った。妻は力強く「うん」とうなずいたけれど、棟方志功は「おでん」なんか彫らないと思う。
2006年06月12日 | Comments(15) | 日記
コメント
私も毎年年賀状をゴム版で彫ります。
いやぁ。親近感。
ワタル URL 2006年06月13日 18:06:50 編集
興味を持っても いつかやろう・・・は いつまでたってもやらない・・・ってなことありますよね。 だから あっ、これおもしろそ、と思った「旬」が大事かと。
きのう、娘の友達がやらせてくれた ××ドーDSの中に じゃんけんに勝つ・負けるという脳トレーニングなるものがあって あんなのだったら トランプのカードのように作ったらええかも・・・と ちょびっと創作意欲なるものが。
めざせ脳年齢20才! なーんちゃって・・・
ユキさま、こちらで厚紙用意してありますので グーチョキパーのはんこ よろしくお願いします??? (画面に向かって「なんでやねん」ってゆ~てもろたらオワリです。)
きなこ URL 2006年06月13日 18:45:21 編集
おでん、可愛いではないですかw
用途は不明ですが、是非とも活用して下さい。
ていうか、「ユ」に激しく笑ってしまいました。ユって…
ユが彫れたならキもいけそうなんですが、そこはそれ、ですよね。
そんなところがまた素敵です。
HANA URL 2006年06月13日 21:46:28 編集
確かに、志功は彫らないかもしれないなあー。
でも、けしごむハンコは妙に味があって、かわいくて大好きです。あたしも年賀状に使ったりしますね。おでんの模様、すごくかわいくできてると思いますよ。お世辞でなく。
nya-taro URL 2006年06月13日 21:50:38 編集
ユキさんこんばんは♪
ハンコかわいいですw
[ユ]ってなんかいいですね、
[ミ]だとなんだかおかしいかも。
確かそんなお店が関西圏にあったような…。
TVで観た気がします。(ほんわかTVだったかな)
MICA URL 2006年06月13日 22:39:47 編集
ユキさん初めまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
今回はメモ帳がロディアなのに激しく反応してしまいました。ロディアはメモ帳界のキングです!
マネキ URL 2006年06月13日 23:28:19 編集
とても おいしそうなおでん!バランスがいいですね~
わたしは 高校生の時に 書道の授業で てん刻を彫ってから ハンコを彫るのが好きになり 今も 時々作ります。石に彫る感じが ちょっと気持ちいいのです。
「てん刻セット」というものが売っていて 気軽にできます。
サエ URL 2006年06月14日 03:08:32 編集
懐かしいですね~。はんこ。私も中学のときに美術で一度だけ石を削って作る“はんこ”作りましたよ。書体の本(名前がわかりませんが・・・)を一生懸命写して、何とか枠内に収めたのに、削ったらボロボロな感じになってしまった思い出が・・・。
「ユ」ってはんこ可愛いですね。味があってイイ!真っ白なお皿の裏とかに押したい感じです。おでんの丸の部分に、顔など彫ってみては?いつもと違う可愛いおでんになって、押す場所が増えるかもしれませんよ(笑)
ハナミカゼ URL 2006年06月14日 14:36:06 編集
ユキさん初めまして。
いつもきれいな写真と楽しい日常生活を切り取り、届けていただきありがとう。ほのぼのと平和な気持ちにさせてもらってます。
私には同い年の男の子がおりますが、やはり女の子ですね。
ユキさんのように感性豊かな子だったら何をしても許せちゃうね。
masago URL 2006年06月14日 17:06:42 編集
四角の厚紙に押して、コースターとか(そしてお客様に「おでん…?」と不思議がられる)、布用のインクを使ってランチョンマットに押すとか(そしてお客様に「これもおでん…」と不思議がられる)。そ、そんなとこでどうかな?!
まじゅ URL 2006年06月15日 09:31:59 編集
ゴム板、渋いですね・・ふふふ・・またまたツボです。
ワタシは消しゴムはんこ、たまに彫ります。
最近は一時期ほどの熱も冷め、ほんとにたまに、ですけれど。
ワタシも色々と手をつけては忘れてゆく事を繰り返しております。ちょっと親近感湧きます。
おでんはんこ、是非とも色々押して活用してください。まじゅさんがおっしゃる様に。
手紙の封にも可愛いと思います。
Q子 URL 2006年06月16日 01:58:09 編集
今年も(思いっ切りフライングで)一番乗りです。
ゆきさん、お誕生日おめおめおめおめおめ(未だ未だ待機中)
閑ぶた URL 2006年06月19日 13:08:15 編集
満三十一歳のお誕生日お目出度うございま~す。
閑ぶた URL 2006年07月04日 05:12:42 編集
ふらっと立ち寄ったら、わが愛媛の話題が出てたので、つい妙な親近感を抱いてコメントを。^^
私もブログで遊んでいただいてる方が、はんこを彫ってらっしゃるので、やってみたいなーと思っているのですが、不器用なので、なかなか踏み出せず。
まずは何からそろえればいいのでしょうね。
davos URL 2006年07月04日 13:54:42 編集
あいや…。せっかくコメント頂いていたのに1ヶ月もほったらかしてしまい申し訳ありません。皆様のコメントはいつも嬉しく読ませていただいております。これに懲りず仲良くしてくだされば幸いです。
・ワタルさん
わあ素敵だなあ版画年賀状。
わたしも上達したら年末に憧れのはがきサイズに挑戦だ。という心持で遊んでいます。でもやっぱり必要なのは絵心…。
・きなこさん
いつかやりたいなあと思っているものは結局やらずじまい、みたいな事にわたしもなります。こういうのって勢いが大切なのだなあと思いました。やらなかった事は勢いが足りなかったのか。そうか。
「じゃんけんはんこ」楽しそうですね。しかしそのカードに捺す以外に使い道がなさそうです。きっとわたしなら厚紙にマジックで「グー」とか書きます。
・HANAさん
用途…著しく不明です。なぜまず「おでん」から彫ったのか。それもわかりません。
「ユ」は案外気に入っているのですよ。手紙の最後に捺したりしていますが、でもやっぱり「ユ」だけではこれが文字なのかどうなのかすら判断がつきません。失敗。
・nya-taroさん
ありがとうございます。ある程度のいびつな物が許される、「味」の時代に生まれて良かったなあと思います。年賀状作るのが、今から楽しみになってきました。
・MICAさん
一文字でさまになるカタカナってなかなか無いんですよね。「ユ」もじっと見ているとなんだかわからなくなります。せめてあの枠の中にもう一文字入れて「ユキ」が彫れるようになりたいです。
・マネキさん
こんにちは。コメントありがとうございます。せっかくコメントしてくださったのに遅くなりました。
本当に良いメモ帳ですよねえ。大きさもいろいろあるし。方眼のメモ帳、大好きなんです。この前文房具屋さんで大量売りしているのを見てびっくりしました。思わず買いたくなってしまう。でも重い。
・サエさん
ありがとうございます。おい…し…そう?ほ、ほんとうに?
てん刻わたしも手を出しました。学校ではやらなかったので初体験です。ぞりぞり削るのが楽しいですね。持ち手をつけなくても良いし、気に入っています。でも千鳥の絵を描いたら無残なハトみたいになりました。まず絵心か。
・ハナミカゼさん
てん刻って、学校でされる方多いんだなあ。わたしも学生時代に経験したかったなあ。
お皿に捺せるインクも出ているようなので、白い食器にそんなことできたら面白いですよね。ふふふ。わくわくします。
・masagoさん
こんにちは。コメントありがとうございます。お返事遅くなりました。
こちらこそ嬉しいお言葉をいただいて、本当に嬉しいです。これからも末永くよろしくお願いいたします。
感性豊かだなんて恥ずかしいです。なんでもやりたがるくせに不器用なので見ていられないと、母にいつも言われています。よし。母にも許してもらうことにします。
・まじゅりん
コースターいいなあ。布用のインクもさっそく買ってきました。今はいろんなものが売っているなあ。クリスマスツリーのはんこでも作って、パーティの時にランチョンマットに捺して、ひとつだけおでんのマットにするか(引いた人はババ)。よし。それだ。
・Q子さん
消しゴムはんこ、作られているひとのサイトがたくさんあって驚きました。知らなかったなあ。流行するものわかります。楽しいですよね。消しゴムとカッターだけで良いし。「これ毎日やってたらぼけなさそうだなあ」と思いながら彫っています。発想がもうおばあちゃんです。わたしもいろんなもの、彫ってみたいです。
・閑ぶたさん
今年も覚えていてくださってありがとうございます。ものすごいフライングで笑ってしまいました。
・davosさん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。愛媛は祖母がひとり居るだけなのですがすでに第二の故郷みたいになっています。四国大好きです。
素敵なはんこを作られている方が本当に多いですよね。羨ましいです。あのセンス。でも消しゴムひとつとカッターで出来るのですごく手軽ですよ。楽しいですよ。わたしのような指先ダイナミック主婦にも、「おでん」なら彫れます。ぜひお試しを。
ユキ URL 2006年07月06日 09:25:33 編集

管理者だけに表示する
«« 情けない | HOME | 待たない »»

ツイッター

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

メールフォーム

検索フォーム

-AD-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。