スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ここじゃない

2006031220

妻はなぜか春と夏に動きが鈍くなるので、梅が咲く頃から秋になるまではぼんやりと過ごしている。愚かなことに花も虫も踊る春に、常に眠い。
そんなかんじでぼんやりと買い物に出掛け、ぼんやりと帰ってきてぼんやりとエレベーターのボタンを押して、止まった階で降り、歩きながら鍵を取り出していると家のドア手前5メートルのところで突然ドアが開いて中からおじさんが出てきたので心の底から動揺し、びたっと歩みを止めたけれども表札を見たら妻の住む階のひとつ下だったのでなんでもない顔でおじさんに「こんにちはナカタさん」とあいさつをして速やかに回れ右。


2006年04月05日 | Comments(13) | 日記
コメント
はじめまして。
冬の寒い夜に「おでん」を検索で発見して以来、愉しく拝読致しております。あんなに寒かったのに、もう桜の花びらが舞っていて、私は季節に気持ちが追いついていません。昨日から新入社員なんですけどね(笑)。更新されていたのが嬉しくて書き込みしました。それでは行ってきまーす!
galbo URL 2006年04月05日 08:55:17 編集
こんにちは。
気がつかないまま鍵をさして、開かない~!って大騒ぎする前に
ナカタさんが出てこられて良かったですね。
私も先日スーパーの駐車場で、置いた階を間違え、車盗られた!! とあせったばかりです。
人間の記憶って不思議なもので、最初に置こうとした所が強く印象に残っていたようです。
とにかく春は要注意です。
チャコ URL 2006年04月05日 08:55:44 編集
私はスーパーの駐車場で全然知らないひとの車の助手席に乗り込んで、横を見たら誰か分からないおじさんがびっくりした顔で座ってたので、わーと叫んで転がり出たことがあるよ。
そしたら少し離れたところで、父が困った顔をしてこっちを見つめて立っていました。
見てみると、うちのと色も形も似たところがひとつも無い車でした。というか、恥かしすぎて自分ちの車に駆け込んでから見たんですけど。
おじさん驚いたと思います。でもこんなことだらけです、私の人生。
MEGU URL 2006年04月05日 11:56:59 編集
は~いは~い、はいはいはい、まのぬけた話ならいっぱいありまっせ~!
天気が良く、歩いて子供と近くのお店やさんへ…。レジで支払い済ませ、駐輪場へ向かう。 ない!?私の自転車。右へ左へ1台ずつ確認しても ないない!
「母さん自転車盗られた~!」長女「あんた今日歩いてきたやん」 「・・・・・」
長男小さい時、やっぱりその日も歩いてスーパーへ。あれこれ買って、右手左手重たい袋。 さ、帰りましょ…と歩いて外へ。 ん? なんか忘れ物した? ん? あ~~!子供や~!
買った豚肉やパン、お金だけ払って忘れるのなんて いつものこと。
春のみならず、年がら年中こんなことやってます。ユキさんのなんて かわいい、かわいい。
きなこ URL 2006年04月05日 13:48:53 編集
はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
最近このコメント欄の楽しさに気が付いて、仕事が手に付きません。いい訳だ。
今日、出社前に病院に寄ったら、「季節の変わり目で、この天気(東京は雨)だからねえ」って言われました。
やっぱり我々は動物なのですね。しょうがないや。
yossy URL 2006年04月05日 13:51:15 編集
ユキさんこんばんは♪
コンビニへ夜食を買いに行って、
お金だけ払って、品物を忘れたコトがあります。
走って届けるくらいしてくれよ店員とか
勝手なコトを思いを持ちつつ、部屋に入ってしまっていたので
面倒だから取りにも行きませんでしたけど。
あのトキのサラダ巻きが食べたいなぁ(´┐`)
MICA URL 2006年04月05日 21:40:03 編集
こんばんは~。
春は眠いですね。。私は嘘ではなく、友達の家に電話して「hanakoさんいらっしゃいますか?」と自分を呼び出したことがありますよ~。春満開な頭の中です。
ところで、関係ないのですが「おでん」がRSS配信で更新された!という夢を見て、朝パソコンを開けたら本当に更新されていたのでびっくりしました。頭の中へ直にRSS配信された気分です。
hanako URL 2006年04月05日 23:43:33 編集
うん、これも私経験あるんだよ!自慢してどうするんだ、って感じなんですけど。つい最近。てか、昨日。
初めて遊びに行った友達んちのドアの前に立って、
「ふんふん、ここんちは表札がローマ字なんだな。えーと、
ヤ、マ、ダ(註・仮名)・・・」って心の中で読んでいるときに「はーい」って声が。
そこで思わず「あ、ヤマダです」って言っちゃった。
こんなんばっかし。
MEGU URL 2006年04月07日 16:35:54 編集
私もあります。
子どもの頃、従姉妹の住んでいる団地で鬼ごっこしてたんだと思います。
逃げ回って疲れて、従姉妹の家のドアを開けて…下駄箱の上にあったお菓子食べて、出てきたのですが…
階段の下で従姉妹に見つかっちゃって~~~(^^;)
「ねぇ。どこの家に行ってたの?うちは隣の階段だよ」
って…えっ?今私が行ったのは別の家?
じゃあ…あのお菓子は…
たまねぎ御殿 URL 2006年04月08日 15:38:39 編集
MEGUさん、(て横の交流して良いのか分からないのですが)よかったぁ。ほっとしました。なんだか似たような出来事ですね~。自分そのものを間違える行為!こればかりは、真剣に私ヤバイと思っていましたが、ほっとしました。
hanako URL 2006年04月09日 00:22:01 編集
ご無沙汰してます。
私もお金払って商品受け取らないで帰ろうとすることなんかしょっちゅうです!(て、自信もって言ってどうする)
写真、飲み屋のカウンターみたいになってますね。いいかんじ。
ところで、ナカタさんはやっぱり猫と話すおじさんですか。
pikake URL 2006年04月11日 12:02:18 編集
ユキさん、こんにちは。
こうゆう間違いって、誰にでも一度は経験あるものですよね。
私も、友達の部屋を間違えて、呼鈴を鳴らしてしまったということは事は、何度かあるんですが(笑)、たった一度だけ逆に間違えられて、カギを『ガチャガチャ!』ってやられた事がありますよ~。
一人暮らしのときだったので(しかも夜中!)かなり怖かったんですけど、しばらくしたら間違いに気付いたらしく階段の方に歩いて行ってました。
あと、頼んでないのにピザが届いた事がありましたよ。多分宅配のお兄さんが間違えたんでしょうけど、私が玄関でポカンとしたあとに「違います、頼んでないですよ。」って言ったらバツが悪そうに帰って行きました(笑)
やっぱり、誰にでもあるものなんですよね~。
ハナミカゼ URL 2006年04月14日 13:32:32 編集
・galboさん
こんにちは。コメントありがとうございます。いつも読んでくださっていてとても嬉しいです。
新生活は慣れないことの連続でたいへんだと思いますがここぞとばかりに楽しんでください。わたしも4月5月6月7月8月に負けないようにがんばります。これからもよろしくお願いしますね。
・チャコさん
そうなのです。うっかりドアをがちゃがちゃやらなくて本当に良かったと思っています。想像するだに恐ろしい。
間違いに気付かずにひとりで焦って、ひとりで相撲を取るのは寿命が縮まる思いですよね。春も夏も秋も冬も、うっかりしないように気をつけたいです。
・MEGUさん
齢12年ばかりのMEGUさんがもうそんな人生を。おじさん本当に驚いただろうなあ。想像だけで面白い。お父さま。お父さまも、止めるに止められなかったんだろうなあ。あまりにもMEGUさんが自然に流れるようにそのおじさんの車に乗り込むもんだから。
・きなこさん
世の中はうっかりで出来ています。「うっかり」している時のじぶんは、いったい何を考えていたんだろうと思うんですが、どうやっても思い出せません。やっぱりきっと「うっかり」としているんだと思います。これからも、後で笑えるぐらいのうっかりを繰り返しながら生きていければいいなあと思っています。
・yossyさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
コメント欄まで楽しんで頂けて冥利につきます。これからもお仕事の息抜きに「おでん」を見ていただけると嬉しいです。
最近は雨が本当に多くて、毎日眠いですね。曇りの日の朝が、一番くせものです。寝坊をするのはいつも曇りの日。
・MICAさん
家に帰り着くまで気付かなかったらもうがっかりするしかありませんよね。わたしも学生時代にいろんなアルバイトをしましたが、世の中のお客さんはあらゆる物を忘れていきます。おつりとか、商品とか、財布とか、傘とかコートとか。寒くないのか。
・hanakoさん
うわあ夢にまで「おでん」が。すごい予知夢です。というかそんな夢を見なくても良いぐらいちゃんと更新ができれば良いのですが。春は魔物で。
電話。電話は間違いの宝庫ですよね。わたしも、かかってきた家の電話で勤めていた会社の名前を「ありがとうございますマルマル株式会社です」と言って取ったことが2回あります。
たまたまかけてきたのが兄で、「お前だいじょうぶか」と真顔で言われました。
横の交流というほどでもないですよ。楽しんでいただければ幸いです。
・MEGUさん
うっかり暴露大会みたいなコメント欄になって参りました。心で思っている事が口に出てしまうことってよくあります。
わたしもパソコンで文章を打っている時に夫から話しかけられるとそれを聞いたまま文章に起こしてしまって駄目です。
・たまねぎ御殿さん
団地でもマンションでも同じような扉が並んでいると行き慣れていない人間は混乱してしまいますよね。わたしは5年もおなじところに住んでいるのにこのありさまです。
それにしてもお菓子…。儲けもんでしたね。ん。違うか。
・pikakeさん
飲み屋さん化していたカウンターは、順調に酒瓶を減らしつつあります。減らしつつ、増えつつ。
うちの下の階に住んでいるナカタさんは猫探しの名人だったり空から魚を降らせたりするナカタさんではないようですが、はつらつとした、非常にはつらつとしたおじさんです。趣味は魚釣り。
・ハナミカゼさん
こういうお話を教えていただくにつけ、本当にナカタさんのおうちのドアをがちゃがちゃやらなくて良かったなあと思います。実際に間違われてしまったら怖いですよね。こわい。うっかりこわい。
向こうからこっちを見て手を振るひとが居るから誰だっけと思いながら曖昧な笑みを浮かべて手を振り返そうとしたら実はじぶんの後ろのひとに手を振っていたというのに気付いた瞬間のあの気まずさ。
ユキ URL 2006年04月15日 16:04:21 編集

管理者だけに表示する

ツイッター

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

メールフォーム

検索フォーム

-AD-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。