スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

失敗しない

06-02-14_12-12バレンタイン・デイにはありとあらゆる既製品を積み重ねて、恒例の「チョコレート・パフェ」を作る。あと「リアルアポロ」も作る(苺とチョコレート)。
長年果敢にチャレンジし続けた結果、妻にお菓子作りの才能があまり無いということを妻はもうわかっている。「どうにかこうにか」といった風情でこしらえた不細工に歪んださほどおいしくないものよりは、簡単でも楽しいものが良いということも知っている。
深夜に玄米フレークとバニラアイスクリームを器に盛りながら、結婚して良かったなあとしみじみと思う。こんな溶けてなくなってしまうものなど、同じ家に住まないと作れない。ラッピングの必要もない。加えて言うならば、妻は包装のセンスも無いの。


2006年02月16日 | Comments(22) | 日記
コメント
リアルアポロでよかったです。
リアルきのこの森とかリアルたけのこの里とか・・・怖すぎますよね(゜Д゜;)
で、この「チョコレート・パフェ」、来年からぱくってもいいですか?
たま URL 2006年02月16日 14:45:43 編集
前代未聞のバレンタインチョコ!素敵です。
私もいつか『包装なしのチョコ』渡したい?です。と思わせました。包装のセンスがないなんて、そんなご謙遜を。
目からうろこでしたよ~。(^^)
私はチョコ買ったものの結局渡せなかったデス。といっても去年も当日には渡せずだったんですけど。片思いの君は来月、転勤しちゃうので餞別に渡そうかしら・・・。リアルアポロは無理ですけどね。
asna URL 2006年02月16日 16:05:16 編集
はじめまして。
もうずーっと愛読してましたが、初の書き込みです。
本当に「おぉ!」と思ったアイデア。
簡単、かわいい、軽く喜ばれる。
しかも、チョコ好きじゃない相方にピッタリ。
既存品菓子パフェ。
もっと早く知りたかった・・・
これからも、ひっそり読みますね
マジュ URL 2006年02月16日 16:21:29 編集
はじめまして!いつも覗いてばっかりなんですが、
チョコレートパフェとリアルアポロのあまりの素敵さに
つい書き込んでしまいました!!
私も旦那にパフェとリアルアポロ作ればよかった・・・
来年は真似っこしてつくっちゃいます♪
さとう URL 2006年02月16日 16:24:45 編集
ゆきさんこんにちは。
今年はなぜか『手作り』という概念が飛んでしまっており
みなさんのブログを見ては『あぁ~手作り・・・』と
悔やむ日々です。来年は手作るコトにします。頑張ります。
苺とバナナとバニラアイスとフレークとチョコソースだなんて!
望むもの全てを集結したカンジでとても美味しそうです。
さや URL 2006年02月16日 17:52:56 編集
ユキさんこんにちは♪
リアルアポロがツボですwww
そうか!パフェ好きな彼氏のユキに
チョコバナナパフェを手作りすればいいんだ☆
乗り遅れてでもまだ欲しいようなので
来週末にでも作ってみます。。。
ありがとうございました(^▽^)
MICA URL 2006年02月16日 18:20:47 編集
パフェとアポロ、なんて可愛らしいこと!
パフェを盛るのもセンスが問われると思うのでユキさんはラッピングしてもうまくいくはず。
何年か前、当時彼であったダンナにお皿盛りトリュフを捧げました。お皿は「ヤマザキパン祭り」の皿です。色気無し。
パフェ食べたいです。
hilife URL 2006年02月16日 21:56:02 編集
万歩計の件、わざわざ回答を頂き、ありがとうございます。万歩計が万歩計としての使命だけはしっかりと果たしていることを知って、非常にうれしく思いました。ユキさんに感謝。
それにしても、今回のブログの「結婚して良かったなあ…」というくだり、とても素敵です。ご主人のタカマルさんは幸せ者ですね。羨ましい限りです。お仕事が相当大変そうですが、体に気をつけて、これからも幸せな毎日を送っていただけたらと、物陰から勝手に思っております。
タカマルさん、がんばれ(あ、もちろんユキさんのことも応援してます)。
先日の通りすがり URL 2006年02月16日 23:15:25 編集
市販なら高級チョコ、それ以外なら手作りというパターンがバレンタインの定番とされつつありますが、市販de手作りとは斬新なアイディア!
私も不器用なので、目からウロコです。
結婚してよかったなぁ・・このヒトコトにユキさんご夫妻の全てが凝縮されてますよね。
なんだか読んでて幸せな気分になれました。
タカマルさんがニコニコしながら大きな口を開けて、もぐもぐしてる姿が目に浮かびます。(^^)
桃香 URL 2006年02月16日 23:42:15 編集
初めまして、旧おでんから拝見させていただいています。
チョレートパフェ、良いですね、大好物です。
既製品を積み重ねた物でも、立派な手作りです。
羨ましい、しかもリアルアポロまで。
私などは、妻からチョコなどもらった覚えは有りません。
逆に「今日はバレンタインデイだからゴディバのチョコお願いね」と頼まれる始末、泣く泣く女性ばかりの大行列の中にオヤジが一人並んでチョコを買いました、食べるのは妻です。
もちろんホワイトデイにお返しなど有りません。
なぜユキさんのような可愛らしい女性を選ばなかったのか、返す返すも残念です。
あ…申し訳有りません愚痴になってしまいました。
これからも素敵な写真と日記を楽しみにしています。
与太郎 URL 2006年02月17日 02:14:58 編集
ユキさん、こんにちは~!!お久しぶりです。
ご夫妻のらぶらぶな感じがとてもスキ☆
ユキさんの写真はよいですね~いつも・・・。特に食べ物がすごくステキに観えるのは、ワタシが食いしん坊だからでしょうね。
今年の『バレンタインデー』も家族内で地味に終わるものと思っておりましたら、幼稚園児の息子が手作りも含め3個も女の子からもらって(☆。☆)   ハハは今から『ホワイトデー』に頭を痛め悩ます日々です。
恐るべし幼稚園児Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
遊 URL 2006年02月17日 09:05:31 編集
ユキさんはじめまして。たまきちといいます。シドニーに住んでいます。トラックバックをさせて頂きました。
リアルアポロとチョコパフェ、感激です。我が家も来年やりたいと思います。パフェとアポロにさりげなく散りばめられたハートのチョコが可愛らしいですね。同じ家に住んでいないと渡せないチョコレートって言うのも、ぐっときます。ましてやこちら南半球は今夏です。即溶けます。いや普通のチョコだって溶けますきっと。
たまきち URL 2006年02月17日 09:29:50 編集
はじめまして。いつもそーーーっとのぞいてます。
リアルアポロっ。素敵。
今年は日曜日にバレンタインしようと思ってチョコチップクッキー作ったら、旦那がモグモグしながら「おやつでしょ、これ。」・・・別途生チョコ買って差し上げました。
なちょ URL 2006年02月17日 09:33:53 編集
>こんな溶けてなくなってしまうものなど、
>同じ家に住まないと作れない。
別に同棲でもいいわけですがという
突っ込みはおいといて(笑)
>結婚して良かったなあとしみじみと思う。
に掛かる言葉としては最高に素敵です。
shirow URL 2006年02月17日 10:51:15 編集
やっぱり!と写真を見て嬉しくなりました。
私の中で「ササーンとポッキーをさして好きですとパフェを差し出すユキさん」がとてもお気に入り場面で、今年もそれを妄想できてしあわせです。
我が家は秋にさんまの焼いたのを食べてる時とか、冬に鍋をしたらやたらおいしくできた時とか、ああ、結婚してよかったなあとしみじみします。あたたかい家でおいしいものを当たり前に食べられるってしあわせなことですよね。うっとり。
うり URL 2006年02月17日 11:54:46 編集
皆様のコメントを読んでウムウムと頷くこと然り!
リアルアポロみたいなことを思いつくお茶目さんになりたいもんデス(^-^;
結婚して良かったなぁ~って最近思わなくなったからなんか羨ましいですぅ…
いつまでもラブラブでいて下さい\(^-^(^^* )ゝ
カボ URL 2006年02月17日 17:56:45 編集
初めまして、ず~っと読ませていただいてましたが、今日初めてコメントします。
センスがナイナイと仰られてますが、いつも載せているかわいらしい写真や楽しい文章、リアルアポロなど、もうセンスモリモリです☆☆
私も早く結婚してユキさんみたいなステキ妻になりたいです(*>_<*)
またこれからも宜しくお願いします☆
なゆ URL 2006年02月17日 23:23:00 編集
素敵なパフェですねー。アポロもかわいいです。
じつはワタシも隠れ妻なんですが、バレンタインはモツ煮を作ってあげました。来年はユキさんを見習ってかわいい事したいものです。
アンモ URL 2006年02月18日 01:16:27 編集
・たまさん
リアル…きのこの山。それは試してみても、ただの山になったきのこです。だめだめ。アポロだって、本物はロケットです。バレンタインではなくなってしまう。
おお。ぜひとも作ってください「チョコレート・パフェ」。簡単で愉快でおいしいですよ。
・asnaさん
いえいえ。本当にないのです。包装のセンス。センスというか、不器用なものですから。赤いリボンのダイナミック縛り。とかしかきっと出来ません。
ぜひお餞別にチョコレートを。その人が居ない場所で、その人を思い浮かべて買うプレゼントというのは本当に素敵なものだと思います。だからわたしはプレゼントやお土産が大好きなのです。
・マジュさん
こんにちは。コメントありがとうございます。いつも読んでくださっていて嬉しいです。
苦肉の策のわりに、喜んでもらえるので良いですよ。ぜひお試しください。わたしなんて、もう3年もおんなじことをやっています。飽きるのは夫が先か妻が先か。
これからもよろしくお願いいたしますね。
・さとうさん
こんにちは。コメントとても嬉しいです。ありがとうございます。
バレンタインじゃなくても、きっと大喜びしますよ。こう、上にプリンをプッチンとのせても素敵なかんじです。既製品で作る以上、インパクト勝負しかありません。ぜひ。
・さやさん
とてもおいしくて、いつでも食べたくて、愛してやまない素敵なチョコレートが売っていれば、わたしは迷わずにそれを買います。買いますよ。買うとも。
そうです。苺とバナナとバニラアイスクリームと玄米フレークとチョコソースですよ!あ。忘れてはいけません。生クリーム。高カロリ。
・MICAさん
パフェ好きな恋人さまだったらきっと大喜びしてくれますよ。がんばってくださいね。
・hilifeさん
実際のところ、パフェはもたもたと作っていると溶けてしまうので電光石火なのです。勢いで作るとセンスもなにもあったもんじゃなくなってしまいます。本当ですよ。
「ヤマザキパン祭」良いですね。なんてったって白いプレート皿ですよ奥さま。
・通りすがりさん
いえいえ。こちらこそありがとうございます。幸せものなのは、むしろわたしのほうです。夫が居て初めて成り立つ「妻」という立場なのです。
いつも最後にカッコつきで応援していただいてとても嬉しいです。「あ、」というのがとくに良いです。フフフ。
・桃香さん
高級チョコレートも憧れますが、あれもさまざまで迷ってしまいますよね。
不器用ものしか使わない脳を使って、わたしはこれからもきっと市販品をいかにどうにかするかに情熱を傾けると思います。本末転倒の心意気!
・与太郎さん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
最近はチョコレート・パフェなんてなかなかお目にかからないので、おうちでぜひ手作りを。
やあ。奥さま思いのすてきな旦那さまではないですか。バレンタインにチョコレートをもらう女性なんて、羨ましいなあ。来年はお花を1本買ってチョコレートを添えてプレゼントしたりすると、きっと奥さまはとても喜んで「好き!」と叫ぶにちがいありません。ちがいありませんよ。
それではこれからもよろしくお願いいたします。
・遊さん
こんにちは。お久しぶりですー。食べ物を撮るのは本当にむずかしいですよね。パフェもいろいろ撮っていたらどんどん溶けちゃってとても危険でした。
まあ。幼稚園ですでにバレンタイン…。最近のお子さまはすごいな。しかも手作り。あげくのはてに3つ。もてもてじゃないですか。ホワイトデー…ホワイトデー考えるのも楽しいなあ。なにがいいかしらん。鉢植えのガーベラとかどうですか。…それはわたしが欲しいだけですか。
・たまきちさん
こんにちは。コメントとトラックバックありがとうございます。シドニー!シドニーと聞くとあのべらべらした建物しか思い浮かばない(オペラハウス)ステレオタイプなわたしです。
そうかそうか。夏なんですよね。夏のバレンタイン。電光石火で溶けます。わあ。これから冬なんだ。いいなあ。
・なちょさん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
ノウ!せっかく手作りしたのにおやつになってしまったなんて。でもなんというか、殿方というのは「当日感」を大切にしているような気がします。なんでだろう。
・shirowさん
わあ。まったくその通り。言ってしまえば一緒に住んでいなくとも、材料をわっさと買い込んで恋人さんの家に行ってせっせと作ってもよいのでした。わたしはどうもデート中に、こぎれいに包装された小さなチョコレートをハイと渡す場面ばかりを想像していたみたいです。
・うりさん
はいー。3回目です。3年も同じことをしています。来年はプリンでものっけるかな…(まだ作るつもり)
いっしょにごはんを食べたり、スーパーに行ったり、デートして帰り道がいっしょだったりするのがなにより良いですよね。
・カボさん
いやあ。結婚して良かったなあと特別思わなくても、「結婚するんじゃなかった」と思わなければ、それは、とてもうまくいっています。それでいいのです。…なんかバカボンのパパみたいになっちゃった。
・なゆさん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
いやあ。センスが無いからこそ考えられる技だと思うのですよ。お菓子つくりの才能がある人は、ちゃんと普通に作ってしまうものです。
あと、「センスモリモリ」という言葉がとても良かったです。素敵だ。
それではこれからもよろしくお願いいたしますね。
・アンモさん
モツ煮。良いですね。夫さまの好きなものを作ってあげられるのがなによりです。でも年に一回くらいは贈り物として、甘いものも素敵ですよね。来年はぜひとも。
ユキ URL 2006年02月18日 13:14:08 編集
はじめまして、3年くらい前からずっと大好きです。
そのころお付き合いしていた男のひとに、「ぼくは家庭を持ったら、こんなふうになりたいんだ」って教えてもらったのが「おでん」でした。
「深夜に玄米フレークと…」ってところを読んで、なぜかぽろぽろ涙がでてきちゃいました。その人とはあまりいい別れ方ができず、「おでん」になることはできませんでした。今ごろになってわたしにはきっとこういう「あなたのほかになにもいらない」って気持ちが、愛情が足りなかったんだなあ…と思いました。だけど今、彼のことを思い出せて、よかった。
結婚することは幸せですばらしいこと、って、夢みがちでもなんでもない、本当のことなんですよね。
ちょっと恥ずかしい&自分語りウザー(でも、言いたい)なので、今ごろ書いちゃいました。
ユキさん、いつもありがとう。尊敬しています。
あやめ URL 2006年02月22日 03:30:38 編集
・あやめさん
こんにちは。コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
恋人さんと一緒に読んでいるよと教えてくださる方もいらっしゃいますので、そのたびにとても嬉しい気持ちになっています。
世の中にはいろんなお別れがありますが、悔いの残らない別れ方というのはあんまり無いですよね。わたしもあります。でも仕方のないことなので、楽しかった頃を覚えておいて、悔いた部分も忘れないようにしていれば良いかな、と思っています。
それではこれからもよろしくお願いいたしますね。
ユキ URL 2006年02月23日 01:39:35 編集
あげたりもらったり
PING:
BLOG NAME
 もうとっくに過ぎたバレンタイン。
今年はチーズケーキを作りました。スティックに切って、オーブンペーパーで包んで、会社に行く相方に持たせました。ああ下のビスケット生地がぼろぼろと見栄えがよろしくないわ。
本当は上のチョコでハートを描きたかったんだけど、途中で挫折しもうぐっちゃぐちゃ諦めのマーブル模様。爪楊枝の先っちょで、きれいに落としたチョコレート生地をすっとやると、きれいなハートになるはずなのですよ。だのになぜ。いつか再挑戦してやる。
で、バレンタインの朝、相方がくれたのがこちら。リ...
 URL 2006年02月17日 09:21:47 編集

管理者だけに表示する

ツイッター

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

メールフォーム

検索フォーム

-AD-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。