スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

意味がない

05-12-07_10-49女性ホルモンが妻の脳を操り、どうでも良いことでムッカリ腹を立てたりつまらないことで泣きそうになったりもする。これほどまでに無駄なことは無い。ソファにねっころがって思案。この負の力を有意義なものに変えようと真剣に考えてはみたものの、思考は流れ流れてなぜだか「ムッカリの冒険」という、主人公ムッカリがさまざまな困難に立ち向かう壮大なストーリーが頭の中で巻き起こってしまい、その上そのくだらないお話にいくばくかの教訓を持たせようと必死で展開を考えるという非常に不思議で無意義な結果になってしまった。

2005年12月17日 | Comments(4) | 日記
コメント
でも、必死で展開を考えていることによってムカムカや悲しさを忘れることができていたなら、それは割と有意義なことだったのではないでしょうか。
と、それで苦しんだことがない男性な僕が言っても説得力はないかもしれませぬが(苦笑)
柏谷熊 URL 2005年12月19日 00:44:56 編集
すごいわかります。ユキさんの気持ち。
普段は気にならないことで気持ちがグラグラするのって中々しんどいですよね。
と言ってもその時期を過ぎればケロっとなっちゃんですけどね。
ほんわ URL 2005年12月20日 00:00:57 編集
そんな気分の時って、何を考えても浮上できないのに、不思議なことにダンナ様の笑顔や何気ない言葉で「ぱーっ」と霧が晴れて明るくなったりしませんか?
わたしはそうです…って、ただ単純なだけ??
ともやん URL 2005年12月23日 15:03:56 編集
・柏谷熊さん
いえいえそんな。男性でも疲れてたりなんかしてうっかりムッカリする事もあるですよ(あるですよ?)
うん。確かに「ムッカリの冒険」が頭に浮かんだ時点で脱力しました。そうか。いかんともしがたい方法ではありましたが有効でした。
・ほんわさん
ねえ。こんなに意味の無い体力と気力の消耗ったら他に無いですよね。常にほがらかに過ごしたいものです。
そんでまたある朝に起きたら嘘みたいにケロケロしててね。なんだったのかという。
・ともやんさん
おおお…ともやんさんの夫さまは素晴らしいひとですね。ああでもそうかもしれません。霧を晴らすのも夫ならば、奈落に突き落とすのも夫です。一緒に暮らすというのはそういうことなのかなあ。
ユキ URL 2005年12月26日 09:13:39 編集

管理者だけに表示する

ツイッター

プロフィール

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

メールフォーム

検索フォーム

-AD-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。